米国大使館は3日、世界のMagnitsky人権説明責任法を導入し、人権迫害に関係した人間は、本法律をもって米国の入国を拒否する可能性があると語った。 米国の中国人作家陳破空氏は、米国は合法合理的に人権分野で新しい米中冷戦の今後に一層大きな一歩を踏み出したとした。更に米国はこの分野に於けるCCPの政策に対し完全分離する事も示唆した事になる。

訳編集 乃木 晃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です