今年は、「6・4」の天安門広場事件から30周年を迎えます。ある日本人が20代の時に北京で勉強していた際、貴重な歴史的な場面を撮影しました。 30年経った今、閉じられた記憶をもう一度開き、私達とともに中国激動の年代を感じてみましょう。

マスコミを改革しなければなりません 中国共産党側の中央テレビ局(CCTV)、法制日報でさえも学生運動を声援しました。 写真のリンク:https://www.secretchina.com/news/gb/2019/06/03/895707.html

報道編集 青山 美恵子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です