答え:中国では多くの人が共産党や共青団、少先隊などの共産党組織に入ったことがありますが、天が中国共産党を滅ぼす時、そのような人はどうなるのでしょうか。

そこで神は人間に選択の機会を与えました。邪悪を捨て、光明を選ぶのか? それとも共産党の一員として滅ぼされるのか? これは「生死に関わる重大なこと」ではなでしょうか? 

共産党は神佛や人々に果てしない罪を犯しました。人々は共産党や関連組織に入る時、拳を振り上げ、命を捧げると誓ったのです。すなわち、自分自身の命を共産党に預けることを承諾したのです。

同時に別空間の身体に獣の印が押され、共産党の一部になりました。共産党が滅ぼされるその時、命を預けた党員、団員、隊員たちも共産党に引きずり込まれて、埋葬されてしまいます。

現在、共産党の運は尽き、天が滅ぼそうとしています。共産党が潰れる時期に、自己や家族が巻き込まれることなく、災難を免れるよう、神佛の慈悲によって、人間にあがなう機会を授けました。

それは声明を出して、党・団・隊などの共産党組織から退出することです。神佛は人間の願いが見えると、共産党の印を消し、無知の情況で誓った言葉も除却してくださるのです。この様な人は共産党から離れることができ、神佛に加護されます。したがって、共産党から脱退することは生命が救われ、平安をもたらすことになるのです。

訳 石原 宇一 編集 美空 光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です