1.全世界脱党支援センター(以下支援センター)設立の経緯
2005年2月22日、中国・国民の基本的人権の保護、中国共産党(以下共産党)の本質を世に知らしめることを目的として、米国で設立されました。2005年、日本支部設立。2008年、NPO法人として東京都に認可されました。

2.支援センターの役割
 共産党の各組織から、離脱する意向を持つ方々へ各種の情報を提供いたします。ホームページを通じ、脱党の現況について日本社会に向け発信しております。

3.支援センターの活動
 「脱党支援集会」を各地で開催しております。より多くの方に共産党の実態を理解していただくため、『共産党についての九つの論評⁺(クリックすると外部サイトに飛びます)』に関する討論会や講演会も主催しております。